読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gu-gu-life’s blog

2人の子供のお母さんの試行錯誤なシンプルライフ日記

献立で悩む時間を減らしたい

シンプルルール

家事の中で一番大変だなと思うことは献立を考えることです。

 

家族の好き嫌いを考え

直近1週間の栄養面のバランスを考え

家計のことも考え

冷蔵庫のストックも考え

 

主婦という仕事は、そんなことを考えながら

365日3食分を考えて生活しています。

 

しかし、この冬から「休日(土日のどちらか)の夕食は鍋にする!」と決めて以来、かなり楽になりました。

 

f:id:gu-gu-life:20170314203647j:plain

  

 

■お鍋のストックも省スペースになるように

 

 

CMでもおなじみのプチッとシリーズさんの中でもこのラインナップが子供にも食べやすく主人の受けもいいので、我が家ではこの冬のストック食品となりました。

 

私も主人もたまにはキムチ鍋が食べたくなるので、そういった意味でもプチッとでお鍋を分けて1人前ずつ作ることもできるので、便利かなと思います。

 

また、そのまま使えるスープタイプのものだと、収納で場所をとってしまい、我が家の場合だと1~2食分しか置いておけないので、不便かなと思います。

 

また、プチッとなら平日の夕飯が別になる主人のご飯にも使えるのでとっても便利です。

 

 

■休日の献立が決まっていると買い物も減る

白菜とお肉(我が家ではつみれか豚肉が多いです)、家にあるモノ(豆腐、油あげ、キノコ、ネギ類、糸コン等)でサクッと作ります。

白菜とお肉さえ平日に買っておけば、土日の混雑したスーパーに行くこともなくなります。

我が家では金曜日に休日分の買い物は済ませるようにしています。

 

主人とは平日に一緒に夕飯が食べられないこともあるので、休日の夕飯は一緒に食べられるモノがいいなと思ってしまいます。

一緒に暖かいものでみんなが揃うからこそ食べられるモノ。

 

以前はそんなことを考えながら、「どうしよう、どうしよう」と考えながら専業主婦でありながら休日にスーパーに行っていました。

 

 

■お鍋ならどさくさにまぎれて子どもも野菜を食べる

 

まだ3歳の娘なので、献立に文句を言うことはありませんが、やっぱり野菜は嫌いのようです。

普段の食事ではかなり文句を言いながら野菜を食べています。

 

しかしお鍋になると結構野菜もだべます。糸コンもラーメンだと思っているようで結構食べます。

豆腐や油揚げはもちろんのこと、ネギ類に至っても小さいものは食べてしまいます。

 

なんか、勢い余って食べてしまっている感がありますが、本人がおいしく食べることができているので、それはいいことなのかなって思います。

 

 

 

「栄養」「手間」「家計」「好き嫌い」

色んなことを考えても、我が家にとってはお鍋は最強で、休日の夕食として献立を固定してしまうことはかなりメリットはありました。

 

 


にほんブログ村